治療方法

血管内焼灼術

注目の新しい下肢静脈瘤の治療方法、血管内焼灼術(またはレーザー)治療

血管内焼灼術(またはレーザー)治療とは、2011年から健康保険が適応された新しい下肢静脈瘤の治療方法です。患者様の身体に負担が少ない、切らない下肢静脈瘤治療として注目されています。

血管内高周波治療

これまでは、ストリッピング手術と呼ばれる、患部となっている静脈を直接切開して引き抜く治療方法が主流でしたが、この手術は患者様の身体に負担が大きく、入院の必要もありました。
そのため、入院の必要がない低侵襲な血管内焼灼術(またはレーザー)治療に注目が集まっているのです。

血管内焼灼術(またはレーザー)治療は治療時間が30分程度であり、縫合も必要ありません。血管の瘤(こぶ)、足のだるさ、むくみ、足がつる症状などを無理なく改善することができ、傷口が小さいため、患者様のお身体へのご負担を少しでも軽減して治療を行えます。(※治療時間には個人差があります)

血管内高周波治療のイメージ

また、昨今では、レーザーによる治療よりも、血管内焼灼による治療のほうが痛みや腫れなどの副作用が少ないといわれているため、当院では血管内焼灼術による治療をおすすめしております。

硬化治療

身体に負担が少ない下肢静脈瘤治療方法である硬化治療

硬化治療とは、洗浄性硬化剤(ポリドカノール)を血管に注射することにより、血管を退化させる治療方法です。

硬化療法

薬剤自体が局所麻酔としての機能を持ち合わせており、手術で使用する注射の針も極細のものを使用するため、痛みがほとんどなく、身体への負担も最小限で済むというメリットがあります。
治療時間は10分程度であり、受診初日から治療を行い、日帰りが可能となっているため、非常に手軽な治療方法となっています。(※治療時間には個人差があります)

硬化治療の対象となる下肢静脈瘤の症状としては、初期症状(皮膚から多少透けて見える程度のごく細い静脈瘤)、中程度の進行(網目状や蜘蛛の巣状に広がる静脈瘤)があげられます。
血管内焼灼術およびレーザーによる治療方法の対象とならない下肢静脈瘤に対して用いられることの多い治療方法です。

硬化療法のイメージ

弾性ストッキング

日常的に下肢静脈瘤の症状を抑える、医療用の弾性ストッキング

弾性ストッキングによる治療は、下肢静脈瘤の症状が比較的軽度である場合や、ふくらはぎなどの足のむくみを改善した場合、血管内焼灼術およびレーザーによる治療が難しい場合に行います。

医療用の弾性ストッキング

スタブ・アバルジョン法

瘤(こぶ)の症状を徹底的に改善したい方に適応、スタブ・アバルジョン法

スタブ・アバルジョン法

スタブ・アバルジョン法(Stab avulsion)は、術後半年以上が経過しても消えずに残ってしまうような大きく成長した下肢静脈瘤に対し、併用することで硬化を発揮する治療方法です。

1〜3ミリ程度の切開部分から、瘤になっている静脈を直接取り除くので、縫合の必要もなく、身体への負担もできる限り少なくすることができます。術後1年以上が経過すると、切開部分の傷跡もほとんど目立たなくなります。

ストリッピング手術(静脈抜去術)

ストリッピング手術は静脈抜去術とも呼ばれ、下肢静脈瘤の症状がみられる血管を切開して抜き取る手術方法です。これまでの下肢静脈瘤の治療では最もポピュラーな方法でしたが、血管以外の周囲の組織にダメージがあるほか、術後の痛みや腫れなどの副作用が大きいため、入院する必要もあるというデメリットがありました。

そのため、当クリニックでは低侵襲で身体への負担が少ない血管内焼灼術またはレーザーによる下肢静脈瘤の治療をおすすめしています。
ただし、逆流の症状が出ている静脈瘤が異常に大きい場合や、太ももの付け根付近に嚢状の変化がみられる場合、はげしく血管が蛇行してしまっている場合などは、ストリッピング手術を適応せざるを得ない場合もあります。

当クリニックで使用する麻酔について

静脈麻酔と局所麻酔の2種類の麻酔をご用意し、万全に痛み対策

藤沢下肢静脈瘤クリニックでは、患者様の身体に負担の少ない治療を心がけており、点滴によって麻酔を投与して睡眠状態になることで痛みを感じなくなる静脈麻酔と、施術を行う患部に直接行う局所麻酔の2種類を併用しております。

これら2つの麻酔を併用することにより、患者様は手術の間、静かにお眠りいただき、目が覚めたときには治療が終わっている状態となります。
ただし、中には静脈麻酔に抵抗のある患者様もいらっしゃいますので、その際には、ご希望をお聞かせいただければ局所麻酔のみでの治療も可能です。

治療の流れ

治療の流れのイメージ