下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤は時間とともに進行します

下肢静脈瘤とは

日本人の国民病とも言える

下肢静脈瘤とは、日本人の国民病とも言える割合で、罹患率が高い症状です。10人に1人が症状を発症し、妊娠・出産経験のある女性の間では2人に1人に症状がみられるとも言われています。

下肢(足)の静脈の血流をコントロールしている弁がその働きを弱め、心臓に送らなければならない血液を逆流させてしまうことが、下肢静脈瘤の主な原因です。これにより、静脈に瘤(こぶ)のような患部ができてしまうのです。

足のコブ血管が一番多い症状

下肢静脈瘤の症状そのものは、生命の危険があるようなものではありません。しかしながら、罹患した状態のままで治療をせずにいると、以下のような症状に悩まされることになります。

初期症状と重症化症状

下肢静脈瘤の症状は進行性であるため、放置していると紹介したように重症化してしまう可能性も否定できません。もっとも初期の段階であれば、ご自身でのマッサージや生活習慣の見直しによって改善が見込まれることも稀にありますが、基本的には自然治癒は期待できず、初期症状の段階で医師による治療が必要です。

もしも、下肢静脈瘤に似た症状を自覚している場合には、まずは専門のクリニックに相談することをおすすめします。

下肢静脈瘤が生じる仕組み

静脈の血液の逆流を防止する弁の機能障害が、下肢静脈瘤を引き起こす

逆流防止弁が壊れることで発症

体の中には、動脈と呼ばれる全身に活発に血液を送り込む血管と、静脈と呼ばれる血液を心臓に戻すための血管の2種類が張り巡らされています。下肢に位置する静脈は、筋肉を収縮させるときにみられる筋肉のポンプ作用を活用して、血液を心臓に送り返しています。このとき、血液を重力とは逆の方向に送らなければならないため、静脈弁が逆流防止装置の働きをして、血液の流れを正常に保ち続けています。

下肢静脈瘤に罹患した場合、この血液の逆流を防いでいるはずの静脈弁が疲労や老化などを原因として、機能障害を起こしてしまうのです。そのため、血液が静脈内を逆流して、血管内に溜まってしまうことで、瘤(こぶ)のように血管を膨らませて足に負担をかけ、症状を悪化させていきます。

下肢静脈瘤の4つの原因

下肢静脈瘤の主な4つの原因とは

加齢・老化による体力や筋力の低下
血液の逆流を防止するための静脈弁は、弾性の繊維やコラーゲンによってつくられており、強度が高くない軟部組織であるため、加齢・老化の影響を受けやすい傾向があります。
そのため、50代前後の年齢になると、体力や筋力の低下と共に、下肢静脈瘤の症状も出やすくなります。
筋肉のポンプ作用が立ち仕事などの悪影響で低下
立ち仕事をしている方は、下肢静脈瘤の症状が出やすくなるとされています。理由としては、長時間立ち仕事を行うことで、血液の逆流を防ぐ静脈弁に、重力による負担がかかり続けるため、静脈弁に慢性的な疲労がたまり、筋肉のポンプ作用の機能不全が起こりやすくなるのです。
キャビンアテンダント、教師、調理師、販売員、美容師といった、1日10時間以上の立ち仕事を行う可能性のある職種の方々は、特に注意してください。
両親からの遺伝
下肢静脈瘤は遺伝によって発症する場合があることが確認されており、片親が下肢静脈瘤を発症している場合には罹患率50%、両親ともに下肢静脈瘤を発症している場合には罹患率90%にも及ぶとされています。
この場合、生まれつきの遺伝により、静脈弁機能が弱いため、30代〜40代などの比較的若い年齢から罹患する危険性もあります。
妊娠・出産を経験している(※特に2人目以降)
妊娠・出産を経験すると、ホルモンバランスが変化して、静脈が柔らかくなり、腹圧の上昇によって静脈弁に負担がかかりやすくなります。そのため、妊娠・出産を経験した女性の間では、2人に1人が下肢静脈瘤を発症していると言われています。
特に、2人目以降の妊娠・出産で起こりやすいです。ただ、妊娠時の下肢静脈瘤については、例外的に自然治癒される可能性もあります。そのため、出産を終えてから半年程度の経過観察を行い、それでも症状が続くようであれば治療に入ります。

その他の原因として重度の肥満による血行不良、便秘による腸の拡大による静脈圧迫などによっても、下肢静脈瘤は発症する可能性があります。
心あたりのある方は初期症状を見逃さないように、十分に注意してください。

下肢静脈瘤の症状の分類と治療方法をご紹介

ここでは、下肢静脈瘤の症状の具体的な分類と、治療方法についてお伝えしていきます。
もしも、自覚症状が少しでもある場合には、藤沢下肢静脈瘤クリニックまで速やかにご相談ください。

・立ち仕事が多いため、足が疲れている
・足に痛みやだるさが慢性的に感じられる
・ふくらはぎのこむら返りが頻繁に起こる
・妊娠や出産を経験してから足に異常を感じる
・足の血管が凸凹に膨れ上がっている
・足の血管にところどころ瘤(こぶ)がみられる
・足の血管の周りに黒ずみや色素沈着がある
・足の血管部分の皮膚に潰瘍・出血の症状がある

下肢静脈瘤の症状 3つの分類とは

下肢静脈瘤には、具体的には以下の3種類の症状分類がみられます。

伏在型(ふくざいがた)静脈瘤
大伏在静脈瘤(足首から太ももの内がわ)

下肢静脈瘤には、伏在型静脈瘤と呼ばれる分類があります。この分類は、さらに大伏在型静脈瘤(足首から太ももの内側にかけて症状が出る)と、大小伏在型静脈瘤(ふくらはぎの後ろから膝裏にかけて症状が出る)の2種類に細かく分けられます。
これらの症状は、循環障害を起こす恐れがあり、重症化する可能性もあるため、手術による治療が必要となります。

軽症静脈瘤
網目状静脈瘤/くもの巣状静脈瘤

軽症静脈瘤は、足に青白または赤紫の血管が細く浮き上がってくる症状です。網目状・蜘蛛の巣状に広がり、見栄えは良くないものの、足への機能には大きな問題はありません。しかしながら、美容的な観点での治療を求める患者様が多く、当クリニックではこういった場合には患者様の身体に負担が少ない硬化治療で対応しております。なお、超音波検査によって伏在型静脈瘤の症状が合併していないかどうか調べることもできます。

陰部静脈瘤
陰部静脈瘤

陰部静脈瘤とは、妊娠・出産を経験した女性にみられる特有の症状であり、陰部の周りの静脈に瘤がみられたり、足の痛みが続いたり、生理時に足が重くなったりする特徴があります。ただ、これらの症状は、出産後半年程度を目安に自然治癒される場合も例外的にあるので、経過観察を行った上で、改善がみられない場合には硬化治療を適応する流れとなっています。

下肢静脈瘤の検査方法

専任の医師が超音波検査を行います

当クリニックでは超音波検査(エコー検査)により、下肢静脈瘤の確定診断を行います。超音波検査を行うためには、下肢静脈瘤の専門医が必要となります。当クリニックでは、血管外科にて施術経験を持つ医師が直に検査を担当しますのでご安心ください。

下肢静脈瘤の検査

▼超音波検査の手順
・皮膚にゼリーを塗布
・身体の表面部分から静脈の状態を検査
・検査は10分程度で完了

下肢静脈瘤の検査方法としては、過去には静脈造影と呼ばれる、患者様の身体に負担が大きい、注射やレントゲンを用いた検査方法が主流となっておりましたが、藤沢下肢静脈瘤クリニックでは、患者様のご負担を軽減するためにも、超音波検査を中心に検査対応を行っております。